So-net無料ブログ作成
検索選択

F4ジェリーがユニット再開希望!?「育ての母」アンジー・チャイも期待!―台湾

写真拡大14日、ドラマ「流星花園〜花より男子〜」などを手がけた著名プロデューサーのアンジー・チャイが、F4再結成への期待を語った。写真はアンジー・チャイ。 2010年3月14日、ドラマ「流星花園〜花より男子〜」などを手がけた「F4の育ての母」こと著名プロデューサーのアンジー・チャイ(柴智屏)が、F4再結成への期待を語った。聯合報が伝えた。F4のジェリー・イェン(言承旭)がこのほど新写真集の発売イベントで、これまで関わった女性たちについて、「最も取り戻したい人」としてアンジーの名前を回答。F4としてのユニット活動が消えてから4年目を迎え、新たに再始動を願っているのでは?と報道されている。【その他の写真】「流星花園〜花より男子〜」でF4を一気に大スターに仕立て上げた著名プロデューサーのアンジーは、ジェリーの発言について、「好ましい脚本があったり、ジェリーにいいアイデアがあれば、もちろんF4活動をやってもらいたい」と好意的な見方も。しかし、4人のスケジュールの都合から見て、「今年中は難しい」と話していた。F4の4人とは、メールのやりとりなどで連絡し合っているというアンジー。以前はジェリーと年の差愛がうわさされ、さらにその後は仕事を巡って絶縁状態も伝えられた2人だが、06年に香港で行われたF4のコンサートでは手つなぎ姿を見せ、関係の雪解けを示していた。(翻訳・編集/Mathilda)【関連記事】・【華流フリークス☆発熱フォーラム】F4・「F4」もはや「日本限定」?カウントダウンは「F2」ジェリーとケンのみ―中国・「09年イケメントップ5」の1位はF4ヴィック、「兄弟分」ジェリーに圧勝!金城武も根強い人気―台湾・F4ジェリーが新写真集サイン会、“狭く深く” 恋人数は「片手で十分」―台北市・F4ヴァネスが“薬物騒動”に潔白表明、サモ・ハン息子「ABC」偏見に抗議―台北市

スーザン・ボイル、自宅侵入事件でティーンエイジャーを逮捕

写真拡大 2010年1月末、スーザン・ボイルの留守宅に侵入したとして16歳の少年が逮捕された。少年は自宅に戻ったボイルと鉢合わせ。驚く彼女の脇をすり抜け、逃走した。警察は金曜日(3月12日)「1月26日、ブラックバーン、ユールテラスで起きた窃盗事件に関連し16歳の少年を逮捕した」との声明を発表。少年はスコットランドの児童保護団体Chidlren's Reporterへ報告された後、どのような処分が取られるか決まるという。世界的な成功をおさめた彼女だが、現在も子供のときから住み慣れた公営住宅で1人暮らし。このため、警備の面が危惧されている。ボイルは2009年クリスマスにも、2人の男が裏庭の窓から家の中を覗いているのを発見、怖い思いをしている。引っ越すのは嫌だと話していた彼女だが、スコットランドの新聞『Scotsman』によると、プロデューサー、サイモン・コーウェルに説得されようやくロンドンへ移ることに同意したともいわれている。先日、スーザンの兄からも「彼女には24時間体制の警備が必要」と妹の安全を心配する声が上がっていた。兄はまた「スーザンには恋人も必要」と話している。Ako Suzuki, London

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。